光計測システム研究室

活動履歴 卒論 学生の研究発表 就職先一覧

学生による研究発表

論文(学生が執筆したもの)
国際会議,国内会議(学生が登壇したもの)
講演・講習会・展示会など(学生が講師やデモ発表などで参加したもの)
特許出願(学生が発明者となっているもの)

2017年度

論文

  1. Akatsuka, Y., Fujigaki, M., Matui, T., Three-dimensional Shape Measurement Using Optimal Number of Phase-shifting Steps Based on Light-source-stepping Method, Advanced Experimental Mechanics, Vol. 2, 105-111, (2017).

国際会議

  1. Semba, Y., Fujigaki, M., Kuribayashi, K., Tomita, D., Murata, Y., Accuracy Evaluation of Small Rotation Angle Measurement Using Sampling Moire Method, International Conference on Composite Materials (ICCM21), (Presentation only), (2017.8).
  2. Kishimoto, T. and Fujigaki, M., Prototype And Evaluation of Robust Small 3D Measuring Unit Using Line Led Device Against Temperature Change, Asian Conference on Experimental Mechanics (ACEM 2017), #6135215, (2017.8).

国内会議

  1. 仙波悠生, 藤垣元治, サンプリングモアレカメラによる広角レンズを用いた長尺物の変位分布・たわみ角分布計測, 日本航空宇宙学会 第59回構造強度に関する講演会講演集, 28-30, (2017.8).
  2. 赤塚優一, 藤垣元治, 大津雅亮, 格子投影法を用いた3次元計測マッピング手法の提案, 第22回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 2B2-4, (2017.8).

講演・講習会・展示会など

  1. 岸本匠, 藤垣元治,「高速度3次元計測カメラ」を出展(株式会社ディテクトとの共同開発), 「画像センシング展2017」(パシフィコ横浜)主催:アドコム・メディア株式会社, (2017.6).

特許出願

  1. 藤垣元治,赤塚優一,高田大嗣, 特徴量を用いた3次元計測方法およびその装置, 特願2017-92144(2017.5.8), 出願人:国立大学法人福井大学

2016年度

国際会議

  1. Akatsuka, Y., Fujigaki, M., 3D Shape Measurement Using Optimal Number of Phase-shifting Steps Based on Light-source-stepping Method, Proc. of the 11th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics (11th ISEM'16-Ho Chi Minh), #86, (2016.11).

国内会議

  1. 岸本匠, 藤垣元治, ラインLEDデバイスを用いた温度変化に強い3次元計測ユニットの試作, 日本機械学会北陸信越支部 第46回学生員卒業研究発表講演会論文集, 0160(2017.3).
  2. 川原滉平, 藤垣元治, レーザースペックルを用いた塗装下の欠陥検出の試み, 日本機械学会北陸信越支部 第46回学生員卒業研究発表講演会論文集, 0161(2017.3).
  3. 近藤貴哉, 藤垣元治, 村田頼信, 高速度計測マルチカメラを用いた高速現象の変位分布計測, 日本機械学会北陸信越支部 第46回学生員卒業研究発表講演会論文集, 0162(2017.3).
  4. 中嶋友朗, 藤垣元治, サンプリングモアレカメラを用いた建物の揺れ計測, 日本機械学会北陸信越支部 第46回学生員卒業研究発表講演会論文集, 0163(2017.3).
  5. 橋爪佑弥, 藤垣元治, インフラ構造物検査用横長カメラによる構造物の変位分布計測, 日本実験力学会講演論文集, 分科会合同ワークショップ2016, No. 16-2, 36-37(2016.12).
  6. 赤塚優一, 藤垣元治, 村田頼信, 松井徹, 最適な位相シフト回数を用いる大型構造物用リアルタイム三次元計測装置, 精密工学会2016年度秋季大会学術講演会, (2016.9).
  7. 仙波悠生, 藤垣元治, 中嶋友朗, サンプリングモアレカメラによる建物のリアルタイム2方向変位計測, 第21回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 174-177, (2016.8).

講演・講習会・展示会など

  1. 岸本匠, 藤垣元治,福井大学での最近の研究の取り組み ーハンディタイプの三次元計測装置の試作ー(三次元計測装置デモ), 全空間画像計測コンソーシアム第11回セミナー, (2017.3).
  2. 川原滉平, 藤垣元治, 福井大学での最近の研究の取り組み ー簡易な光学系を用いた塗装下の欠陥検出法の提案ー(欠陥検出装置デモ), 全空間画像計測コンソーシアム第11回セミナー, (2017.3).

2015年度

国内会議

  1. 坂野琢弥, 藤垣元治, 光源切替位相シフト法による計測深度拡大手法と2方向投影を用いた形状計測装置の試作, 日本非破壊検査協会平成27年度第3回応力・ひずみ測定部門講演会, 応力・ひずみ測定部門講演会資料, 7-12(2016.3).
  2. 奥田悠登, 藤垣元治, 村田頼信, サンプリングモアレ法による変位分布計測用横長カメラの試作, 第47回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム講演論文集, 45-46(2016.1).
  3. 赤塚優一, 藤垣元治, 高輝度型リアルタイム三次元計測装置の試作と課題, 日本実験力学会講演論文集, 分科会合同ワークショップ2015, No. 15-2, 9-13(2015.12).
  4. 仙波悠生, 藤垣元治, サンプリングモアレ法による広角レンズを用いた長尺物の変位分布計測, 日本実験力学会講演論文集, 分科会合同ワークショップ2015, No. 15-2, 43-47(2015.12).

講演・講習会・展示会など

  1. 2015年11月17日, 北陸発の産学官連携マッチングイベント「Matching HUB Kanazawa 2015 Autumn」(ANAクラウンプラザホテル金沢,石川県金沢市),主催:北陸先端科学技術大学院大学,「高速かつ高精度な三次元形状計測とインフラ構造物の変位分布計測」デモ展示(宮本,赤塚,奥田,坂野,仙波,藤垣)
  2. 2015年11月6日,藤垣元治,画像によるインフラ構造物の微小変位計測技術と鉄道橋梁への適用,精密工学会北陸信越支部 特別講演会,デモ付き(デモ担当:赤塚,坂野,仙波,奥田,宮本),(2015.11).
  3. 2015年10月29日,藤垣元治,(講演)光学的手法による高速・高精度な形状・変形・ひずみ計測,(デモ)安価で小型な三次元形状計測装置とリアルタイム変位分布計測,日本機械学会関西支部第339回講習会「応力計測の基礎とその応用(デモンストレーション付き)(デモ担当:赤塚,坂野,仙波,奥田,宮本)」,(2015.10).,場所:大阪科学技術センター 8階 中ホール(大阪市西区靱本町1-8-4)

 Last Updated : Sep. 1, 2017

ページ先頭へ